×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

趣味と諸々のまとめ

奇人な管理人によるちょっと怪しいサイトです。PC改造や自転車、バイクの改造などを記載しています。

トップページ>諸々>木製ハンガーの修理

○ 木製ハンガーの修理

革ツナギをかけてた木製のハンガーが壊れました。。。フック部(金属製)がすっぽ抜けました。
フック部見てたらひらめいた!(超小ネタです)

2015/1/23up

●キャブのニードルかな???

 一応抜け止めの対策はされているのですが、木製の肩?の部分に刺さってるだけなのでそりゃ抜けますよね〜w
革ツナギはめちゃ重いですからね。仕方ないっちゃ仕方ない。
 で、抜けたフック部をまじまじと見つめてたのですが。。。
キャブのニードルみたいになってるんですw
じゃあEリングつけたれ〜ってことで、テキトーに漁って出てきたEリングをポン
other_hangerfix1.jpg
いえーい。
まあ、こうなったらあとは肩の部分に穴開けてやるだけです。簡単簡単。

●穴開けてつける

 つけた(早い)
other_hangerfix2.jpg
ちょーっとフックが斜めってる気はしますが、気のせい気のせいw
もう少し近づいてみるとこんな感じ。
other_hangerfix3.jpg
まあ、穴の端が汚いけど、キニシナイキニシナイ。
Eリングの上にワッシャー入れてます。
このワッシャーの外径より少し大きめの穴を開けてやるだけ〜。楽ちんです。
 まあ、強度のこと考えると、ワッシャーの上の部分にかまぼこ型のスペーサー入れてやればいいのかもですが、まあそこまでやらなくてもいいや〜。
しっかしくだらんネタだなぁ。