×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

趣味と諸々のまとめ

奇人な管理人によるちょっと怪しいサイトです。PC改造や自転車、バイクの改造などを記載しています。

トップページ>Mac>PC内冷却

PC内冷却

季節は夏。
僕らにもパソコンにも辛い季節だ。

2009/8/28up

 僕のパソコンはCPUをのせかえなんかしちゃっていてG4の800MHzデュアルだったりする。
パソコンをつけながらなんだかんだしてると凄く暑い。
僕が辛いのではなく、それだけ熱くなるCPUがとっても心配。
つことで、レッツ冷却!!

 で、やはりファンを足したりするわけですが、電源、場所に悩むと思います。
正直めっちゃ悩みます。
結果、僕はここに置きました。
DSCN2390(web).JPG
 G4のタワーユーザーならわかると思います。
僕は両面テープで固定していますが、本来なら薄いステーで固定した方がいいかと思います。
あと、僕はPCショップで買ったジャンクのファンがたまたまこのスペースに入ったからよかったものの、ぎちぎちで何とも言い難い感じになってます。
場合によっては、ファンを多少削る必要があるかと思います。
 ちなみに電源は・・・
DSCN2391(web).JPG
余ってたテキトーな電源から12Vもらって回しています。
DSCN2394(web).JPG
コレを閉めるとCPUのヒートシンクに風が当たる計算になっています。
DSCN2395(web).JPG
 写真のようにPCIスロットの空きを開けてフレッシュエアを取り込んでいます。
が、しかし閉めると電源装置の下の大きなファンに吸い込まれてしまっていると思います。
まぁ、全く効果がないことではないと思います。
きっとGPUは若干冷えてます。
でも、ホコリを吸うというリスクを背負うのでこまめに部屋やパソコン内を掃除される方でないとホコリのせいで余計に発熱する恐れもあるので、この作業は本当にきわどいです。
DSCN2397(web).JPG
 ヒートシンクにも細工しており、アルミテープを貼って純正の弱い風量でも冷えるようにしています。
つか、この作業は起動中に作業しました(^_^;)
皆さんはちゃんと電源を切って、電源ケーブルを抜いて、静電気を除去した後に作業してください。
くどいようですが、作業は自己責任でお願いします。
あと、パソコンの内部を作業する場合は、事前に手を洗う、他の金属製品を触るなどして静電気を除去してください。
これだけは僕も毎回気をつけています。
おつきあいいただきありがとう御座いました。