×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

趣味と諸々のまとめ

奇人な管理人によるちょっと怪しいサイトです。PC改造や自転車、バイクの改造などを記載しています。

トップページ>Mac>USB移設

USB移設

みなさん(PPCG4特にQuickSilverユーザー)は本体にUSB2.0がないし、前の方にUSBポートが無いことに困ったりしてませんか?
やはり僕は困りました。

2009/8/30up

 で、PCIスロットにUSB2.0カードを挿したりする訳ですが、前にポートがないってことは変わらない。
ちなみに、この作業をする場合は中に一個でもUSB2.0ポートがあるカードを買った方がいいです。
中になくても、スロットのカバーを外せば外から中にできますが、スロットをフルに使う場合や、ホコリの問題などがつきまとうのでコレを参考にする場合は買うときは気をつけてください。
 で、用意する物は1.5mm厚のPET板、USB2.0カード(できれば中にポートが有るヤツ)、ケーブル、カッティングシート(本体と同じ色)、ネジ、ナット、アルミ平棒です。
あとは工具類ですね。
基本的には糸鋸か、半田ごてカッター、ドリル、タップ(ネジ山立てるヤツ)←ナットを使う場合は要らない、ヤスリです。
あとは基本工具です。
 で、作業。
まずはディスクメディアの戸の下のZIPとかが付いているところを外します。
ここの厚さは約3mmです。
外し方はフックで留まってるだけなのでフックを押しながら引っ張れば取れます。
で、型紙に外した板の形を2つ書いて、それをPET樹脂にスティック糊で貼るなり、マスキングテープで貼ってください。
そこにアルミ板で留めるための穴を開ける位置を書くわけですが・・・わかりにくいので図を。
DSCN2428(web).JPG
 そこ、汚いとか言わない!
で、切って穴をあけて削って、元のヤツと同じような形になったら削ったところを磨くといいでしょう。
あ、ちゃんとUSB機器を挿す穴も開けてくださいね。
そしたら、奥の方の板の表にカッティングシートを貼ってください。
あと、USBケーブルは金属部分にかかっているプラスティックのコーティングを剥いでください。
そして、アルミ板を内部の構造と見比べて適当な長さに切って、ネジ山を立てるために穴を開けてください。
そしてネジの大きさに穴を開けてタップを立てたらあとは組むだけです。
組み方は中にアルミ板が引っかかりそうなところがあるのでそこに合わせてネジを締めていくだけです。
 で、組むとこんな感じ。
DSCN2429(web).JPG
色が若干違いますがそこはご愛敬。
とまぁ、文章力が無いですが理解していただけたら幸い。
パクってくれたらいとうれし。
つことで、みなさんいかが!?